テクノロジー |

オープンアーキテクチャ


Arasのオープンアーキテクチャ

オープンソースの企業への採用は、この10年で大幅に浸透してきています。LinuxやJBoss, Apacheなどは、オープンソース製品としての性能やコスト面だけでなく、ミッション クリティカルなシステムに対しても明確なアドバンテージを実現しています。

私たちAras社は、PLMなどのビジネスアプリケーションの導入に苦労している企業が、これらオープンソース製品と同様のソリューションを必要としていることを認識しました。また、企業で利用するアプリケーションとして、より信頼性の高いものにするという要件を満たす必要があると考えました。

そこで私たちのアプローチとして、OSI-compliant open sourcecommunity source及び商用のプラットフォーム製品など、いくつかのソフトウエアを組み合わせたシステム構成を実現することで、オープンソースの持つ柔軟性やコラボレーション イノベーションの良さを取り込みつつ、業務アプリケーションとして信頼のおけるビジネス ソリューションを実現することを可能にしました。これを私たちはエンタープライズ オープンアーキテクチャと呼んでいます。

エンタープライズ オープンアーキテクチャ:ビジネスにおけるメリット

エンタープライズ オープンアーキテクチャの利点として、PLMシステムのライセンス費用を無くすことができ、業務改善やソリューションの追加及びベストプラクティスを共有する情報共有基盤としてのPLMソフトウエアを、全て自分自身がコントロールすることができるという点が挙げられます。

Aras エンタープライズ オープンアーキテクチャ

  • PLM ライセンス費用が不要
  • 高度なテクノロジーを採用
  • オープンアーキテクチャ ソリューション
  • コミュニティー ソリューション
    フレームワークの提供
  • コマーシャル プラットフォームの採用

オープンアーキテクチャ ソリューション

Aras InnovatorのソースはOSI compliant licensesの認定を受けており、誰でも自由に使うことができます。データモデルやスキーマ、ビジネスルールやワークフロー、ライフサイクルやフォー ムなど様々なAras Innovatorに実装されている機能にアクセスすることができます。

また、オープンアーキテクチャへの貢献は強制ではありません。Arasのオープンアーキテクチャ プロジェクトの参加は任意ですので、ソースコードの公開も必須要件ではありません。他社に知られたくない機能を実装した場合など、そのソリューションは自社利用に限定していただいて構いません。

企業のメリット:

  • 柔軟性
  • 拡張性
  • 協調性
Aras エンタープライズ オープンアーキテクチャ

コミュニティ ソース フレームワーク

このエンタープライズ アプリケーション フレームワークで動く、コミュニティに公開されているモジュールもまた、ソフトウエアライセンス費用なく自由に使うことができます。しかし、ダウンロードされたものにはバイナリーコードも含まれています。Arasのサブスクライバーはコミュニティソースという形でコミュニティに公開されているモジュールのソースコードも入手可能です。

このようにコントロールされたコミュニティのモジュールは、企業で安全に使えるように管理されています。

企業のメリット:

  • セキュアである
  • 高い信頼性
  • マネージされている

スタンダード コマーシャル プラットフォーム

エンタープライズ環境でも安心して使えるように、Aras Innovatorでは共通のインフラストラクチャー部分を、商用製品として品質が保証されているSQL Serverや.NET、Windows ServerなどのMicrosoft製品を使って構成しています。

ほとんどの企業ではすでにMicrosoftの製品を持っていて、ITのスキルもあるため、簡単に私たちのソリューションを使っていただくことができます。

企業のメリット:

  • 実績
  • 信頼
  • 認定

その他の情報: