マルチCADコネクター |

CADデータ管理戦略


ArasのCADデータ管理の戦略は、標準的なCADインテグレーション プラットフォームとArasのパートナーによって開発されたCADコネクターを組み合わせることで実現されています。

ArasのCADコネクターは以下を含みます。

  • メカニカル PDM
  • メカニカル CAD
  • 電子 CAD
  • 電気 CAD
  • ソフトウェア / ファームウェアALM
マルチCADコネクター

ArasのCADコネクターはコントロール性に優れたインテグレーションを可能にします。各部門は自身のデザインやドキュメントの管理を行い、アイテムをAras内にチェックイン/アウトします。チェックインされたデータは統一BOM内で保管され、管理されます。

特徴と機能

  • エンタープライズCADデータアクセス – 最小限のナビゲーションでPDFなどのCADビューイングファイルへ直接アクセスが出来ます。
  • データ所有権は各部門に – 統一BOMにエントリーされたアイテムは部門ごとに所有権の割り当てが行われます。
  • 自動とマニュアルBOMアップデート – 自動更新されたBOMは各部門でレッドライン機能を使って差分を確認することができます。CADモデルに実施された追加、削除、数量変更なども反映することが可能です。大量のデータをマニュアルでBOMにアップデートを行った場合でも、次回の自動BOMアップデートにより上書きされることはありません。
  • 共通パーツ/CAD変更プロセス – CADドキュメント及びパーツは纏めて変更する事も、個別に変更する事も可能です。
  • データ交換 – アドバンスト ファイル マネージメント及びファイル コンバージョンにより、必要なデータを必要なフォーマットで入手する事ができます。