オープンアーキテクチャ |

メリット


PLMにおけるエンタープライズ オープンアーキテクチャの経済的メリット

ここ10~15 年、グローバル企業によるオープンソース ソフトウェアの使用が劇的に増加しています。今日では、IBM、Red Hat、Oracle 、Microsoftなどと同様に、ArasやOpen CFDのようなエンジニアリングのソフトウェアプロバイダーも、高品質ソフトウェア ソリューションを提供するためにオープンソースを採用しています。

ArasのPLMソリューションは自由に、そしてノンチャージでお使い頂けます。(ユーザー ライセンス コストやモジュールの費用はかかりません)企業はArasのPLMソリューションを自由にダウンロード、インストール、カスタマイズ、そして利用することができます。

ArasはRed Hat (NYSE: RHT)のビジネスモデルを採用していて、サブスクリプション パッケージ、コンサルティングサービス、そしてトレーニングを提供することで利益を創出しています。Arasのサブスクリプション パッケージは従来のエンタープライズ ソフトウェアのメンテナンスに加えて、無償でのアップグレードサービス、カスタマイズ、トレーニング、コンサルティングの割引、などが含まれています。

Arasのビジネスモデルは年間契約をベースとしているため、プロジェクトの規模や予算に柔軟に対応できます。Arasが採用しているエンタープライズ オープンアーキテクチャは顧客にとって一連の経済的メリットを提供する事が可能となっています。

お客様のビジネスメリット

  • PLMライセンスコストの削減 - PLMライセンス費用やロールアウト時に付随する増加分コストなどの初期投資がもう要りません。
  • より効率的に - PLMライセンスコストを排除することにより投資回収までの期間が圧倒的に短縮されます。
  • プロジェクトリスクの低減 - 初期投資が無くなる事によりプロジェクトバジェットのリスクが低減され、ユーザーとプロバイダーの両者はプロジェクトを成功させることができます。
  • バランスの取れたリレーションを実現 - ライセンス費用を購入する必要が無く、また、サブスクリプションの費用だけを考えれば良いためソフトウェアを自由に組み合わせることが出来ます。
  • コミットの前にしっかり検証 - 特定のプロセスやシナリオに対応するか分からない段階でのPLMライセンスを購入することは、もう不要です。大きな決断(購入)をする前に、お客様自身で検証が出来ます。
  • 固定費用の確実性 - サブスクリプション費用は固定となっているため、予算の確実性及び予算計画が容易になります。
  • コントロール性と柔軟性 - お客様は自由にカスタマイズ、統合そして拡張して頂けます。カスタマイズを社内だけでなく、サプライヤーやパートナーなど外部とも共有する事ができます。
  • 総所得コストの削減 - PLMライセンス費用を排除する事により、総所得コストを15%-38%削減する事が可能です。初期スタートアップコストや拡張コストを大幅に削減できます。
  • 投資回収(ROI)の向上 - 総所得コストの削減により投資回収をより短期間で簡単に向上させることができます。プロジェクトの正味現在価値(NPV)は下がり、内部収益率(IRR)の向上が可能となります。

参考情報: