障壁を取り払う

技術的変更等の重要な業務は、決定を下す前にチームメンバーが提案内容を実際に見ながら議論することで最大の効果を生みます。

しかし、作成に特化したツール(MCAD/ECAD等) で作られたファイルは他のチームメンバーが利用できないことが一般的で、関連事項に即したコメントを安全に共有する簡単な方法もありません。

セキュリティ、管理、コンテキスト

ビジュアルコラボレーションによって、迅速にしかもシンプルな方法で領域、組織および拠点を横断して安全にコラボレーションを行うことができます。

技術、品質、サプライチェーンからの各チームはより効果的に製品についてコミュニケーションができ、これによって迅速に決断し問題を解決することができます。

お問い合わせはこちら

主な機能

  • 一連の議論をセキュアに行うために、マークアップ表示機能を追加します。
  • PLM セキュリティモデルを使い、議論の可視性と参加を管理します。
  • 他のユーザーを認証し誰かを知ることによって、安心してコラボレーションを実施します。
  • 3D、2D、図面やレイアウト図、Microsoft Officeおよび画像等が表示可能です。
  • ウェブブラウザ上で動作するため、インストールやプラグインは不要です。

ビジュアルコラボレーションの機能が追加されたAras Innovator 11

ビジュアルコラボレーションの概要と、Aras Innovator 11のデモをご覧いただけます。

その他のデモを見る

メリット

  • 役割・領域を横断し、サプライチェーンを通して速くインプットすることで、より良い製品をより迅速に開発します。
  • 新製品のコンセプトが少ない時間でレビューできます。
  • 製造やサポート上の問題点が明確になり、生産開始までに修正できます。
  • お客様が指摘する問題点をより迅速に検討し、診断することができます。

ご利用方法

プラットフォーム機能はオープンアクセスまたはサブスクリプションベースでご利用いただけます。

オープン Subscription

ダウンロードはこちらから

CIMdata: Aras Innovator 11 Makes Collaboration Flow Visually (コラボレーションフローをビジュアルに行う)

セキュアなスレッド化したディスカッションなど、ビジュアルコラボレーション機能についてのCIMdataの分析をご覧ください。

Get the White Paper

Aras Innovator 11の新機能概要 (2分)

製品マネージメントVice PresidentのJohn SperlingによるAras Innovator 11の新機能に関する説明をご覧いただけます。

ビデオを見る

CIMdata:Aras Innovatorのカスタム化とアップグレードに対する再定義

PLM分析のリーダー的企業であるCIMdata社は最近、Arasが他社とこれほど違うのはなぜか、そしてPLMの方法に対してどのように新しい意味を持たせているのかを調べました。

ホワイトペーパーをダウンロード

関連機能

API統合

エンタープライズ企業向けシステムとオーサリングツールに接続するためのAPIをいくつかオプションとしてご提供します。

BOM管理

Arasによって、複雑なMBOMとEBOM構造をメカ、エレキ、およびソフト間を横断して管理し、 製品ライフサイクルを通じた一貫性と管理を徹底します。

CAD統合機能

CAD データを安全に保存し、他のユーザーが利用できるようになり、開発が加速しミスが減少します。

設計変更管理

Arasを利用して変更管理を実施し、変更要求、評価および注文業務を効率化すると共に、複数部門および拡大するサプライチェーンの内部を可視化することでエラーを減らし遅延を防止します。

ディジタルモックアップ

仮想的な組立機能の付いた超高性能のマルチ・CADディジタルモックアップを利用し、完成品に対して、関連性のある内容を取り扱う設計の高度3D分析を行います。

文書管理

安全かつ検索が容易なリポジトリの中、複数のフォーマットによるファイルに対して、バージョン管理と変更管理等の文書管理をご提供します。

Enterprise Search

セキュアかつコントロールされた方法で、PLMコンテンツ使用者が製品定義データを迅速に取得できます。

ERP統合

データ、構造、そしてワークフローを統合し、部品とBOM のリリース、そして技術的変更プロセスに対応します。

インターナショナリゼーション

複数の言語に対応し、ユーザーの拡大を容易にします。

アイテム

新規アイテムタイプの作成または変更によって、Aras プラットフォームの機能設定を柔軟、迅速、かつ容易に行うことができます。

ライフサイクル

ライフサイクルの作成や変更によってアイテム・インスタンスが存在する状態を定義し、この状態によってアクセスとバージョンの管理を行います。

Microsoft Officeコネクター

Microsoft Office の文書をセキュアに作成し、作業の遅れを取り除き、作業者の足並みを揃えます。

パーツ

各パーツとそれに関連するCADモデルと図面との間の関連性を自動的に管理し、情報の一貫性を確かなものにします。

レポート作成

レポート作成機能によって、プロジェクトの進捗状況と主要なプロセスの働きをより詳細に調べることができます。

セキュリティ

ユーザー認証とアイテムへのアクセス特権を管理し、情報の安全性を確保します。

Vault

分散・複製化されたVaultサーバーと高速度ファイル転送により、CADファイルと文書がセキュアに保管され、簡単なアクセスを可能にします。

ワークフロー

ワークフローを作成または変更して、ビジネスプロセスが一貫性を持ち、実行できるような業務内容を定義します。