文書はやはり重要

文書はやはり重要

製品ライフサイクルのあらゆるステージにおいて、多くの皆さんが多種多様な目的でMicrosoft Office関連のツールを使っています。Microsoft Officeで作成されるそうした文書の多くは、共有が必要で、製品データの一部を成す重要な情報を含んでいます。

しかし大抵の場合、これらの文書は製品データと結び付けられておらず、共有サーバーの中で行方がわからなくなったり、ハードドライブから不用意に消去されてしまったりします。

混沌の中に秩序を

OfficeコネクターはPLMのメリットをExcel、Word、そしてOutlookにまで拡張します。ユーザーは慣れ親しんだMicrosoft環境で作業をしつつ文書を管理することができます。加えて、管理者は文書管理、セキュリティ、ネーミング、テンプレートなどの機能を利用することも可能です。

お問合せはこちら

主な機能

  • 文書のライフサイクルの進捗管理、バージョンおよびユーザーアクセス管理
  • 文書タイプに基づく文書分類
  • 文書の自動ナンバリングおよびネーミング
  • パーツやプロジェクトなどの関連アイテムと文書とのリンク機能
  • Arasと文書内テキスト間の双方向プロパティマッピング機能
  • ビジュアルコラボレーション用にPDF形式で自動生成

Microsoft Officeコネクターを利用した文書管理

文書管理のためのビジネス要件とAras® Officeコネクターがどのようにこれらの要件に応えるか、そして実際にOfficeコネクターを利用しているいくつかのお客様事例を、デモを交えてご覧ください。

その他のデモを見る

メリット

  • 企業全体を網羅して重要な文書に容易にアクセスでき、不必要なエラーや遅延を減らします。
  • グローバルな製品開発およびサプライチェーンコラボレーションの戦略を後押しします。
  • ユーザー認証およびアクセス管理によって重要な知的財産に対する管理を強化します。
  • PLMのすべてのプロセスでOffice文書が利用可能となり、エンジニアリングの効率アップにつながります。
  • ユーザーにとって使いやすく、速やかに導入できます。

ご利用範囲

PLMとPDM 機能はAras®アプリケーション上で動作し、どなたでも利用可能なオープンアクセス機能またはサブスクリプション契約者様のみ利用できるサブスクライバー限定機能がございます。

動作アプリケーション オープンアクセス機能 サブスクリプション
Officeコネクター

ダウンロードはこちらから

Officeコネクター for Aras 製品概要

Microsoft® Office Connector for Aras Innovator® は、ArasのメリットをMicrosoft Excel、Word、PowerpointおよびOutlookのユーザー向けに拡大します。

ホワイトペーパーをダウンロードする

Arasがカスタマーにもたらす影響とは (2分)

GE, Xerox, Boeing Insitsu, CNH Remanが、ビジネス全体にイノベーションを起こすためにArasを選択した理由をご覧いただけます。

動画を見る

Aras Innovator概要(日本語)

Aras Innovator概要をお読みいただき、なぜグローバル企業がコスト削減、リスク軽減、開発期間短縮のためにArasに移行しようとしているのか、その理由をお確かめください。

ブックレットをダウンロード

関連機能

BOM管理

Arasによって、複雑なMBOMとEBOM構造をメカ、エレキ、およびソフト間を横断して管理し、 製品ライフサイクルを通じた一貫性と管理を徹底します。

CAD統合機能

CAD データを安全に保存し、他のユーザーが利用できるようになり、開発が加速しミスが減少します。

設計変更管理

Arasを利用して変更管理を実施し、変更要求、評価および注文業務を効率化すると共に、複数部門および拡大するサプライチェーンの内部を可視化することでエラーを減らし遅延を防止します。

デジタルモックアップ

仮想的な組立機能の付いた超高性能のマルチ・CADデジタルモックアップを利用し、完成品に対して、関連性のある内容を取り扱う設計の高度3D分析を行います。

文書管理

安全かつ検索が容易なリポジトリの中、複数のフォーマットによるファイルに対して、バージョン管理と変更管理等の文書管理をご提供します。

パーツ

各パーツとそれに関連するCADモデルと図面との間の関連性を自動的に管理し、情報の一貫性を確かなものにします。

Vault

分散・複製化されたVaultサーバーと高速度ファイル転送により、CADファイルと文書がセキュアに保管され、簡単なアクセスを可能にします。

ビジュアルコラボレーション

すべてのユーザーがCAD デザインと文書を閲覧、修正、検討できるようにすることで、チームがより良い決断を迅速に行えるようにします。