PLMで製造をスピードアップし、顧客と小売業者の満足度を向上

PLMで製造をスピードアップし、顧客と小売業者の満足度を向上

多くの食品メーカーは、ますます複雑化するグローバルサプライチェーンや製品構成の管理、ユーザーによるより高い生産性や低価格の要求や、新規参入企業による競争に対しての課題を持っています。

食品メーカーのPLMプラットフォームは、原料や製造過程、パッケージングなどにおいて、常に変更される規制や安全に関する要件への対応をサポートするものでなければなりません。しかし、現状では多くの食品メーカーが既存のPLMおよびPDMの限界を感じています。

PLMへの新たなアプローチ

PLMへの新たなアプローチ

自社ブランドを持つ食品メーカーでのArasのPLMを使った調理法・レシピ管理をご覧いただけます。

食品・飲料メーカーは、規制遵守、品質、トレーサビリティ強化、一貫性のあるデータに基づくレシピおよび仕様管理、そしてブランド全体にわたる製品情報の追跡機能を実現するために新たなアプローチを必要としています。

変化の早い食品・飲料マーケットの需要に対応できるよう、ArasのPLM・PDMのプラットフォームは、特有のビジネスニーズに合わせた容易なカスタマイズ、既存のシステムとのシームレスな統合が可能です。さらに、このプラットフォームを支える技術によってカスタマイズされているアプリケーションも簡単にアップグレードできます。

食品・飲料メーカーにとってのArasの価値

PLMプラットフォームというアプローチを採用することで、製品が市場に投入されるまでの時間を短縮し、収益力性を向上させ、コンプライアンスを実現しつつ、顧客や小売業者のニーズに応えることができます。

  • 中央集中型による成分調合やレシピなどの重要な知的財産の管理
  • 監査とトレーサビリティ、金型やダイ、製品のプロセスと手順、原材料、パッケージ、ラベル、アートワーク、バーコード、QRコード、品質と法規制遵守
  • 理法・レシピ管理、プロセスとワークフローの自動化、エンタープライズ変更管理、マスター仕様書管理、文書管理、リソース計画、サプライヤー管理、社内および拡張されたサプライチェーン全体にわたるコラボレーションの改善など、グローバル製品開発のためのベストプラクティス
  • 食品安全性、パッケージ、栄養情報、テスト工程、ラベリングおよび自社ブランド化など規格、品質、法規制の遵守
  • レポート、スコアカード、ダッシュボード、KPI測定基準などのビジネスインテリジェンスと分析を含む、必要最小限に「見える化」されたEメールのアラートやロールベースのユーザーインターフェース
  • 直感的なマイクロソフトのルック&フィールによる使いやすいウェブベース環境
  • 主要なERPシステムにも統合しやすい柔軟性、拡張性および安全性

ダウンロードはこちらから