PLMを活用してマーケット投入期間、製品品質、エンドユーザー対応の改善を

PLMを活用してマーケット投入期間、製品品質、エンドユーザー対応の改善を

従来型PLMの失敗は消費財業界のBusiness of Engineeringの実現を妨げます。製品の構成管理が不十分な状態では、製造とサプライヤーのインターフェースが複雑になり、様々な決定事項を把握することが難しくなります。消費財メーカーは、インターネットに接続された製品や製品のライフタイム保証、IoT対応といった新たなビジネスニーズに応えるのに苦労しています。

さらに、消費者需要の高まり、サイクルタイムの短縮化、激化するグローバル競争、利幅の縮小や規制管理の拡大といった課題にも直面しています。市場で勝ち残れるかどうかは、オペレーションを簡素化し、製品開発をスピードアップし、製品のコスト構造を最適化できるかにかかっているのです。

PLMへのレジリエント(しなやか)なアプローチを

消費財業界は、ビジネスモデルの変化、新たな市場への参入、他社の買収など、どのような重要な転換があっても、製品開発者がそれに対応できるレジリエントなPLMのメリットを享受しています。ArasのPLMソフトウェアは、手間のかかるカスタマイズが必要なプログラミングやモジュールを新たに購入することなく、システム駆動型の製品開発に必要なプロセスの変更が可能です。

拡張性や適応性、柔軟性を備え、アップグレードもできるAras Innovatorなら、PLMがより持続可能なものになり、ひいては所有コストの抑制にもつながります。Arasを利用することで消費財メーカーは日々進化するビジネス要件に適応し、動的な要件変更も簡単に処理することができるのです。

消費財メーカーにとってのArasの価値

良質な製品を短期間で開発し、絶え間なく変化するマーケット環境に対応し、サプライチェーンのコラボレーションを最適化することができます。

  • 「Design Anywhere/Build Anywhere(場所に関わらず設計や製造ができる)」機能、SKU管理、ライン管理、ラインプランニングなどグローバル製品開発のベストプラクティス
  • RoHS/WEEEなど規格、品質、法規制の遵守
  • ビジネスインテリジェンスとアナリティックス - レポート、スコアカード、ダッシュボード、KPI測定基準など
  • 高セキュリティでありながら、直感的なマイクロソフトのルック&フィールによるシンプルなウェブベース環境の実現

ダウンロードはこちらから