プロセス製造の課題

プロセス製造の課題

化学製品メーカーとプロセス製造企業は、プロセス情報やデータ、文書の生成や制御、管理を可能な限り効率的に行わなければならないという課題に直面しています。

この規制の厳しいセクターでは、変更管理をコントロールするとともに配合や機器の完全なトレーサビリティーへの要求を満たして、スペックや処方が適切な承認プロセスに確実に則っていなければなりません。

とりわけプロセス製造業界にとって大きな問題となるのが文書管理です。これには、仕様書や規制要件の一元管理、保管、制御および検証が含まれています。

マネジメント、統制、コンプライアンスの向上

PLM、PDMに対するArasのアプローチを説明

PLM、PDMに対するArasのアプローチを説明

プロセスベースの企業は、重要な製品情報を管理し、変更に対して迅速かつ正確に対応してコンプライアンスを改善するために、柔軟で拡張性があり、アップグレードも可能なPLMプラットフォームを使って製品開発を強化しています。

Arasは、全ての製品関連情報を一元化されたレポジトリとして統合することで文書管理、要件管理および配合管理を包括的に行い、実データの一元管理を実現します。

化学製品とその他のプロセス製造企業は、研究開発(R&D)、品質、各種規制、製造オペレーション、調達、グローバルに広がるサプライヤーや外注先製造企業などについて、機能横断的なビジネスプロセスワークフローを使ってより要領を得た作業ができます。このソリューションによって、プロセス製造企業は製品の市場投入までの時間を短縮し、品質や生産性を向上させることが可能になるのです。

化学メーカーにとってのArasの価値

最新のアプリケーションモデリング環境を提供するArasのレジリエント(しなやか)なPLMプラットフォームは、業界特有の要件への迅速な対応を可能にします。

  • 配合および仕様
  • 製造プロセス指図
  • QAおよびテスト手順
  • アイテム、ファイル双方のリビジョンおよびバージョン管理など文書管理
  • エンタープライズ変更管理ワークフロー
  • レポート作成

ダウンロードはこちらから