会社概要 |

マネージメント


リーダーシップ、エクスペリエンス、コミットメント

ArasチームはPTCやオラクルなどの PLMメジャーカンパニーで培った豊富な経験と、製品開発におけるサプライチェーンやクオリティマネジメントを含む、オペレーションに関する高度なナレッジを持っています。

顧客第一主義はオペレーションのフィロソフィであり、Arasのビジネスに関わる考え方です。Arasのエグゼクティブはコミュニティで形成される長い期間に渡る信頼関係とコミットメントをベースとした顧客との関係の構築に重きを置いております。

顧客と密着してニーズを汲み取り、プライオリティを理解することで、Arasはお客様が本当に必要としていることを理解し、そのニーズを直接、革新的なソリューションの開発に生かして、期待を超える成果を残すPLMを創造しています。

リーディングPLMオープンソースソリューションベンダーとして、Arasのエグゼクティブチームは確実なビジネスの基礎と他にはない価値をお客様へ提供するための事業成長戦略を採用しています。


Peter Schroer - Aras CEO & Founder

ピーター・シュローラ (Peter Schroer)

CEO &ファウンダー

ピーター・シュローラは25年以上もの間多くのハイテク企業をイノベーションと成長戦略でマーケットリーダへ成長させてきました。Aras Corporationを設立する以前、ピーターはPDMテクノロジーを提供する、Eigner+Partner(Agile Softwareにより買収)でUSオペレーションにおけるゼネラルマネージャー兼、ボードメンバーを務めていました。

それ以前はWorkgroup Technologiesと Thermo Electronでジェネラルマネージャーを務めていた経験があります。ピーターのキャリアは、Data Generalでマネージャーとして始まりました。彼はIBMトーマス・ワトソン・インスティテュートでノーベル賞を受賞したデザインチームのメンバーでもあります。ピーターは電気工学の学士号と修士号を修了していて、コーネル大学でMBAも取得しています。

Follow Peter Schroer on Twitter  Follow Peter Schroer on LinkedIn

Martin Allemann - Aras Sr Vice President, Global Operations

マーティン・アレマン (Martin Allemann)

グローバルオペレーション、シニアバイスプレジデント

20年来PLMソフトウェアマーケットのリーダーであるマーティンはエグゼクティブセールス、経営戦略、プロフェショナルサービス、及びパートナーとのネットワーク構築において強力な経験を持っています。マーティンはArasの業績と顧客の成功にもっとも貢献した者のうちの一人です。

Aras以前、マーティンはAgile Softwareで (Oracleにより買収) ヨーロッパオペレーションのバイスプレジデントを務めていました。それ以前はEigner+Partnerにてヨーロッパオペレーションのゼネラルマネージャー兼、ボードメンバーを務めていました。キャリアの早期にはBoschにもいました。マーティンはビール大学でFachhochschule学位、ベルン大学でCAAのFachhochschule学位を取得しています。

Follow Martin Allemann on Twitter  Follow Martin Allemann on LinkedIn

Marc Lind - Aras Sr Vice President, Global Marketing

マーク・リンド (Marc Lind)

グローバル マーケティング、シニアバイスプレジデント

マークは20年以上エンタープライズ ソフトウェアと製造業での経験を持っており、顧客第一主義がベースのマーケット戦略を常に実行しています。マークはPartsDriverというオートモーティブ業界向けのエンタープライズ サプライチェーン ソリューション プロバイダーでプレジデントを務めていました。

それ以前はAnalog DevicesでIntel, Lucent, Nortelを含む大企業とのリレーションを築くことをに力を注ぎ、大規模なリエンジニアリングプロジェクトをリードしてきました。キャリアの初期では、世界規模の製造業と品質システムのコンサルタントでした。マークはマサチューセッツ州立大学アムハースト校で経営学、学士号をオペレーションマネジメントのメジャーで取得しました。また、彼はAME(Association for Manufacturing Excellence)、APICSと PDMA (Product Development and Management Association)のメンバーでもあります。

Follow Marc Lind on Twitter  Follow Marc Lind on LinkedIn

Masahiko Hisatsugu - President, Aras Japan

久次 昌彦 (Masahiko Hisatsugu)

Aras Japan プレジデント

20年以上のPLM業界での経験を持つ、久次氏はPLM業界で最も権威のある人物の一人です。久次氏は日本の市場のPLMコンサルティングファームであるプログレスパートナーズのファウンダー兼プレジデントとして活躍してきました。彼は日本におけるPLMの歴史の初期にMetaphase (現在のシーメンスPLM)のコンサルタントとして日本にPLMを紹介し、トヨタ、コニカミノルタ、三菱、東芝、キヤノンを含む日本のリーディングカンパニーと共に活躍をしてきました。後に彼はSAPで日本におけるSAP PLM事業の創設に携わり、SAPでビジネスソリューションを発展拡大させてきました。

久次氏は、「図解でわかるPLMシステムの構築と導入」を出版し、PLMに関する様々なブログも執筆しています。

Follow Masahiko Hisatsugu on Twitter  Follow Masahiko Hisatsugu on LinkedIn
Mark Beaulieu - コンサルティング&コミュニティーサービス、バイスプレジデント

マーク・ボーリオ (Mark Beaulieu)

テクニカルサービス / CIO、バイスプレジデント

マークは15年以上の製品開発のベストプラクティスとエンタープライズソフトウェアのソリューションのコンサルティング分野でリーダーシップ経験を積んできました。マークは顧客の競争優位性の向上を実現する事により、高い顧客満足度を達成し優れた評価を受けています。

Aras以前、マークはAgile Softwareでプロフェッショナル・サービスのディレクターとして3M, Dell, Hitachi, Metaldyne, Siemens, Tyco, US Surgicalを含むクライアントにソリューションを提供していました。その以前はWorkgroup Technologiesにて製品開発などでエンタープライズ・システム・プロジェクトをリードしてきました。また、MA/COMとSmith & Nephewでのデザインエンジニアの経験を持っています。

Stephane Guignard

ステファン・ギニャール (Stephane Guignard)

オペレーション、バイスプレジデント

25年以上にわたるPLM業界での経験があるステファン・ギニャールは、情報システム・アーキテクチャとビジネスプロセスの最適化およびセールスにおける広範な専門知識を持っています。彼は強力な起業家精神とチーム力強化の実績があり、さまざまな企業の創設および経営をしてきました。

彼は1997年、フランスで最初で最大の独立系PLMシステムインテグレーターのPCO Technologies社(のちにアクセンチュアにより買収)を創設しました。それ以前は、シュナイダーグループでMetaphaseのワールドワイド導入プログラムを進めました。彼は、コンピュータサイエンス・エンジニア(ENSIMAG - グルノーブル理工大学の情報科学・応用数学学部)のバックグラウンドを有しています。

Andreas Mueller - Aras Vice President, Global Alliances

アンドレス・ ミューラー (Andreas Mueller)

オペレーションズ、バイスプレジデント

ソフトウェアビジネスで15年以上の経験を持つアンドレス ミューラーは、セールス、マーケティング、そしてグローバルパートナーとのチャネル政策における領域で広範な専門知識を持っています。彼はマネジメント、セールス、マーケティング、アライアンス等、さまざまな役職でのキャリアを構築してきました。彼は多くのプロジェクトやアライアンスを成功させて来た実績があります。

Aras以前、アンドレスは、アライアンスディレクターとしてAgileで働いていました。それ以前、アンドレアスはMediasurface(CMSベンダー)でリージョナルディレクターとして、Catenic ではバイスプレジデントとして、Corporate Software and Technology(ソフトウェアアセットマネジメント会社)では、セールスマーケティング ディレクターとして働いていました。また、アンドレアスは品質監査員としての工学の学位を取得しています。

Gregory Rasin - Aras Vice President, Engineering

グレゴリー・ラーセン (Gregory Rasin)

エンジニアリング、バイスプレジデント

グレゴリーは20年以上にわたり、ソフトウェア製品開発をの領域で広範な専門知識を持っています。グレゴリーは、期間内、予算内で高品質の製品を提供する結果指向のアプローチをキャリアを通じて、実証しています。彼の実績は団結した技術組織を構築しリードする、彼の能力に由来しています。

以前彼は、Webベースのエンタープライズ・ビジネス・プロセス管理ソフトウェアを扱うNetView Technologiesでエンジニアリング バイスプレジデントでした。また、グレゴリーはPTCのPro/ INTRALINK®の開発を監督し、Computervisionの主力製品の再設計を主導した経験を持っています。彼はロシアのサンクトペテルブルク工科大学で電気工学の修士号を取得しています。

John Sperling

ジョン・スパーリング(John Sperling)

プロダクトマネジメント、バイスプレジデント

ジョン・スパーリングは25年以上のエンジニアリングおよびエンタープライズソフトウェア開発の経験を持っています。ジョンは、PLMプロジェクト/プログラム管理、ソフトウェアの実装やカスタマイズ、ユーザーインターフェース・デザインとユーザビリティについて深い知識を持つ結果重視のリーダーです。

Aras以前、ジョンはOracleでエンジニアリング•コラボレーションおよびエンタープライズビジュアライゼーションのプロダクト・マネジメント・ディレクターとして戦略的な製品ビジョンを推進しました。グローバル開発チームとインテグレーション・パートナー・ネットワークを率いて、製品ポートフォリオ全体で数百万ドル規模の成長を成し遂げました。それ以前は、BoeingとRockwell Internationalでスペースシャトル、宇宙ステーション、デルタロケット、GPS衛星やさまざまな実験車両のエンジニアリングシステム、ソリューションおよびプロセスを開発していました。