製品の複雑性、コネクティビティにビジネスオブエンジニアリングで立ち向かう

IoTの時代を迎え、製造業はこれまでに経験したことのない変化に直面しています

この新たなパラダイムにおいてビジネスオブエンジニアリングを有効に実現するためには?

企業が新製品の市場投入を急ぐにつれ、製品がもっとシンプルだった時代に設計されたビジネスプロセスでは対応できなくなっており、その結果、製品のリコール、保証クレーム、賠償問題などの増加につながる数多くの品質上の問題を引き起こしています。

調査レポートをダウンロード

自動車一台にかかる全コストの35%以上をソフトウェアが占め、その割合は急速に高まっています。

調査レポート:IoTがビジネスオブエンジニアリングにもたらす影響 Perceptive Analysis

複雑さゆえの課題

製品がますます複雑になるにつれ、製造業が時代に遅れずかつ収益性を維持するためには、ビジネスオブエンジニアリングのような視野の広いビジョンを持つことや、予測不可能でスピードの速い産業の課題に対応できる柔軟性のあるPLMシステムの導入が求められています。

資料を読む

競争優位性と革新力を維持・強化するためには、手作業や既存のシステムは新しいものに置き換えられなければいけません。

業界の見方は?

業界のエキスパートであるAirbusやCIMdataが、ビジネスオブエンジニアリングという課題にいかに取り組むべきか述べています。

ビジネスオブエンジニアリングの強化

今、好調な企業は、製品開発、製造、保守サービスなどの部門を越え、さらには企業内にとどまらずサプライヤー、パートナー、顧客やその他のステークホルダーにいたるまでを統合し、ビジネスオブエンジニアリングを強化しています。

プロダクトイノベーションプラットフォームからデジタルトランスフォーメーションを始めましょう。

Aras PLMプラットフォームについて知る
製品データと企業全体のプロセスフレームワークを提供できる、真の部門横断的なアプローチが必要とされているのです。 Aras CEO Peter Schroer

Aras

貴社特有の業務プロセスをArasがいかに変革させるか、ぜひご評価ください。