製造業が直面する製品の複雑性、コネクティビティ

IoTの時代を迎え、製造業はこれまでに経験したことのない変化に直面しています。複雑でコネクテッドな製品は、そのシステムにハードウェア、ソフトウェアおよびエレクトロニクスが組み込まれ、常時接続されたインターネットを介して他の製品やサービス、そして人々と通信するようになっています。

この新たなパラダイムにおいてBusiness of Engineeringを有効に実現するためには?

企業が新製品の市場投入を急ぐにつれ、製品がもっとシンプルだった時代に設計されたビジネスプロセスでは対応できなくなっており、その結果、製品のリコール、保証クレーム、賠償問題などの増加につながる数多くの品質上の問題を引き起こしています。

調査レポートをダウンロード
自動車一台にかかる全コストの35%以上をソフトウェアが占め、その割合は急速に高まっています。

調査レポート: IoTがBusiness of Engineeringにもたらす影響

Perceptive Analysis

複雑さゆえの課題

製品は加速度的にその複雑さを増しており、多くの新たな問題を生み出しています:

メカニカル、ソフトウェア、およびエレクトロニクス間の調整

重要技術を取り扱うサプライヤーの管理

フィールドでアップデートを実行する際の製品の安全性確保

複雑に入り組んだ新たな規制に対するコンプライアンス維持

大手メーカーがこれらの課題を解決するためにPLM導入を始めたのは20年以上前のことです。しかし、CIMdataの調査によると:

CIMdataの論評をダウンロード
PLM導入のほとんどはその本来の目的を果たせておらず、ビジネスニーズの変化に応じて進化させるのが難しいサイロ化されたPDMに終わっているのが現状です。

CIMdataのコメント:"The Business of Engineering"

CIMdata

「Business of Engineering」を強化する

今日成功している企業は、複数領域をまたがる製品開発、製造およびフィールドサービスを、サプライヤーやパートナー、顧客、その他のステークホルダーまで含むエクステンディッドエンタープライズ全体を網羅する柔軟なプロセスによって統合することでBusiness of Engineeringを強化しています。

Aras CEOのPeter Schroerは、最近のTECのブログへのゲスト投稿でBusiness of Engineeringを推し進めるためのPLMプラットフォームの必要性を強調しています。

ブログ記事を読む

「必要なのは、製品データやプロセスのフレームワークを企業全体に提供する、真に領域横断的なアプローチなのです。」

Aras CEO Peter Schroer

Aras

業界の見方は?

今日のBusiness of Engineering実現の課題について
(日本語字幕付き)

ダウンロードはこちらから