PLM アプリケーション |

Requirements Management


「PLMのAras Requirements Managementによって、望まれる高度な機能に加え、真に必要とされるスケーラビリティ、セキュリティ、柔軟性を単一のソリューションで手に入れて、全社的に活用することができます。」

Aras Requirements Managementでは、物理要件、機能要件、論理要件、性能要件などのさまざまな種類の要件を指定、関連付け、追跡して、システムや製品が当初の設計意図に適合していることを検証することができます。

Aras Requirements Managementは、顧客の複雑なニーズへの対応に必要な高度な機能を提供して、製品品質の向上、リスクの最小化を実現し、要件管理を次のレベルへ進めたいと望むDOORS、SLATE、PTC Integrityのユーザーにとって理想的なソリューションを提供します。

Aras Requirements Managementは、エンタープライズPLMにパワフルな機能を提供して、複雑なシステム エンジニアリング、複合システムのプランニング/開発/実現を支援します。

Functionality & Features

要件オーサリング

  • 要件階層
  • 要件ドキュメント
  • 要件の分類
  • リッチテキストの書式設定
  • マルチユーザー コラボレーション
  • 要件の関連付け(1対1、1対多数)
  • 要件と資産(仕様、CADモデル、部品など)とのリンク付け
  • 要件の再利用
  • Microsoft WordとExcelへのエクスポート

要件の種類

  • 顧客要件
  • 規制要件
  • コンプライアンス要件
  • システムレベルの要件
  • 物理要件
  • 機能要件
  • 論理要件
  • 性能要件
  • 詳細要件
  • ソフトウェア/ファームウェア要件
  • 電子要件
  • 電気要件
  • 機械要件
  • その他要件となるすべての項目(その他のドキュメント、URL、ビデオ、画像、部品など)

検証と妥当性確認

  • 追跡マトリクス
  • 関係性の追跡
  • 要件の検証
  • 要件の妥当性確認
  • クローズドループ
  • 要件レポート
  • コンプライアンスと監査

要件エンジニアリング

  • 構成管理
  • 変更管理ワークフロー
  • グラフィカルなオンライン変更プロセス
  • 要件のバージョン管理
  • セクションのバージョン管理
  • ドキュメントのバージョン管理
  • 影響アイテム
  • 使用場所
  • 影響分析

Capabilities

  • PLM環境での要件管理
  • Webベース
  • 部門間のコラボレーション
  • 拡張エンタープライズにわたるコラボレーション
  • 要件のトレーサビリティ
  • リビジョン管理とバージョン管理
  • ファイルのチェックイン/チェックアウト
  • ファイルのVault分散とVaultレプリケーション
  • アイテムのロック/アンロック
  • アイテムとファイルの関係付け
  • ライフサイクルの状態
  • ワークフロー
  • 簡易検索
  • パラメーター検索
  • レポートとカスタムレポートの作成
  • 統合とフェデレーション
  • ロールベースのセキュリティ
  • 監査証跡

Flexibility & Highlights

  • 要件取込み機能の強化 - 部品、材料、図面、モデルなどの従来のPLMアイテムをはじめ、ファイル、email、スキャン画像、URL、リンク、写真、ビデオ(YouTubeの動画)など、すべてのアイテムを要件に設定して取り込むことが可能
  • 部門間のコラボレーション - 製品管理、マーケティング、品質、製造、購買、フィールドサポートなどの部門間で要件に関するコラボレーションをプロダクト ライフサイクル全体を通して促進
  • 拡張エンタープライズにわたるコラボレーション - 拡張エンタープライズ全体から要件を吸い上げ、Need-to-Knowベースで表示とアクセスを制限する厳しいセキュリティを引いて、顧客、下請け業者、委託メーカーの参画を促進
  • 要件のナンバリング – 複雑でインテリジェントな英数字や単純な連番など、任意のカスタム番号の付与が可能
  • リビジョン/バージョン管理方式 – 異なるリビジョン/バージョン管理方式を任意に組み合わせて、要件と要件ドキュメントに適用
  • フォームレイアウト – あらゆるフォームをドラッグ&ドロップで変更
  • ユーザー定義属性 – アイテムのあらゆるプロパティーとフィールドを簡単に追加・変更
  • 必須フィールドとオプションフィールド – 必須フィールドとオプションフィールドの再定義が可能
  • 多言語機能 – 要件を多言語で同時に取り込むことが可能
  • カスタム分類 – クラスタイプの追加/変更/削除およびクラス階層の作成
  • ライフサイクルの状態 – 既存のライフサイクル構造を変更したり、新しいライフサイクルマップを作成したりすることが可能
  • 変更ワークフロー – 手順の追加、分岐の作成、パラレルパスの定義などによって、独自の要件変更プロセスに対応
  • ビジネスルール – 既存のワークフロー、ライフサイクル、フォーム、アイテムに対するビジネスロジックに変更を加え、特殊なプロセスを自動化
  • 統合 – 他のエンタープライズシステムとのセキュアな双方向接続によって、統合システム エンジニアリングを実現
  • 設定可能なセキュリティ – ロールやグループごとのNeed-to-Knowベースのアクセス許可を実現するコンプライアンス対応セキュリティ
  • レポート – Excel、Word、PDF、HTMLなどのフォーマットでダウンロードできるカスタムのワンクリックレポートの作成