PLM アプリケーション |

Product Engineering


Aras Product Engineeringを使用すると、階層構造のないパーツリストからなるSKUベースの製品から複雑なエレクトロメカニカル システムまで、製品のライフサイクル全体にわたって製品情報を定義・管理することができます。

Aras Product Engineeringは、BOMや部品、エンジニアリングの変更プロセスを適切に管理することによって、より良い製品を短期間に開発できるよう支援し、廃棄や手戻りに伴うコストを削減します。

Aras Product Engineeringは、すぐに利用を開始できるフル機能搭載のアプリケーションであり、業界のベストプラクティスが組み込まれ、ビジネスのニーズに応じて簡単にカスタマイズできます。

Functionality & Features

部品表(BOM)と部品

  • 多階層インデント型BOM
  • アイテムベースの製品構造
  • BOM変更箇所のレッドライン表示
  • BOM比較
  • 部品の自動ナンバリング
  • 部品とBOMのリリース
  • 数量ロールアップ パーツリスト
  • 代替部品
  • 参照番号
  • 製造/購買区分
  • 承認済みベンダーリスト/メーカーリスト(AVL / AML)
  • 設計指標管理
  • 目標/見積/計算/現実のコスト計算
  • BOMレポート

ドキュメント

  • ドキュメントのナンバリングとバージョン管理
  • ファイルの関連付け
  • ネイティブファイルと表示可能フォーマット(PDFなど)
  • リリース管理
  • 変更履歴
  • 保留中の変更
  • テンプレート

変更管理

  • ECR/ECN/ECO/MCO/DCO
  • グラフィカルなオンライン変更プロセス
  • 複数の影響アイテム
  • 使用場所
  • 影響分析
  • 変更案におけるコスト情報
  • 有効日とリリース日
  • ショートカットルート
  • ロールに基づく割当て
  • エスカレーション
  • 代理
  • ワークフローのグループ承認
  • 承認の重みづけ
  • パスワード認証オプション

CADドキュメントと図面

  • MCAD Connectors for CATIA、NX、Creo Parametric | Pro/ENGINEER、SolidWorks、Solid Edge、Inventor、AutoCAD
  • ECAD Connectors for Allegro、OrCAD、DxDesigner、PADS、Altium Designer、CR-5000 / 3000、CADSTAR、AutoCAD Electrical
  • 仕掛中のCADファイルのVault
  • CADモデルと図面のリリース管理
  • 統合変更管理

Capabilities

  • アイテム分類
  • リビジョン管理とバージョン管理
  • ファイルのチェックイン/チェックアウト
  • 配信/Vaultレプリケーションファイル
  • アイテムのロック/アンロック
  • アイテムとファイルの関係付け
  • ライフサイクルの状態
  • ワークフロー
  • 有効性
  • Email通知と警告
  • 簡易検索
  • パラメーター検索
  • レポートとカスタムレポートの作成
  • 統合とフェデレーション
  • ロールベースのセキュリティ
  • 監査証跡

Flexibility & Highlights

  • カスタムBOMビュー – カスタマイズ可能な複数のBOMビュー。展開/縮小、レッドライン表示、比較など主要な機能を装備
  • 部品/ドキュメント/アイテムのナンバリング – ナンバリング形式をカスタマイズ可能。英数字やダッシュを組み合わせた複雑なナンバリングにも対応
  • リビジョン/バージョン管理方式 – 異なるリビジョン/バージョン管理方式を自由に組み合わせて、部品、ドキュメント、図面、CADモデルなどのアイテムタイプに適用
  • フォームレイアウト – 部品、ドキュメント、ECOを含め、あらゆるフォームをドラッグ&ドロップで変更
  • ユーザー定義属性 – アイテムのあらゆるプロパティーとフィールドを簡単に追加・変更
  • 必須フィールドとオプションフィールド – 必須フィールドとオプションフィールドを再定義
  • 多言語機能 – 日本語、中国語、韓国語の2バイト文字に加え、その他500以上の言語からなる全Unicode文字セットをサポート
  • カスタム分類 – クラスタイプの追加/変更/削除およびクラス階層の作成
  • ライフサイクルの状態 – 既存のライフサイクル構造をアイテム単位で変更したり、新しいライフサイクルマップを作成したりすることが可能
  • 変更ワークフロー – 手順の追加、分岐の作成、パラレルパスの定義によって、より複雑な変更プロセスに対応
  • ビジネスルール – 既存のワークフロー、ライフサイクル、フォーム、アイテムに対するビジネスロジックに変更を加え、特殊なプロセスを自動化
  • 統合 – 他のエンタープライズシステムとのセキュアな双方向接続。変更ワークフロー、BOM、部品、ドキュメントなどのアイテムを統合
  • 設定可能なセキュリティ – ロールやグループごとのNeed-to-Knowベースのアクセス許可を実現するコンプライアンス対応セキュリティ
  • レポート – Excel、Word、PDF、HTMLなどのフォーマットでダウンロードできるカスタムのワンクリックレポートの作成