PLM アプリケーション |

Creo / Pro/E Connector for Aras


Creo Parametricは、イノベーションを迅速に実現し、市場でより効率的に競争力を発揮できるよう、企業における2Dおよび3D CADによる製品開発での最緊急課題の対応をサポートします。

Creo Parametric Connector for Arasは、設計者が使い慣れたCreo環境で作業を継続しながら、エンタープライズおよび拡張エンタープライズ全体でセキュアなアクセスと許可を通して有用なCADデータを利用できるようにすることで、Creoへの投資をフル活用できるようにします。Creo Parametric Connector for Arasは、最近のPro/ENGINEER(Creo Parametricの旧名称)の各種バージョンにも対応しています。

Creo ParametricとAras:

  • 単一の情報ソース、単一の製品構造を使って1日24時間の作業体制に対応するグローバルなコンカレントデザイン(共創)を実現
  • データ管理に伴う時間を削減し、データの入力ミスや重複を回避することで、プロダクト ライフサイクルを通じて生産性の向上を実現
  • 有用なCreo Parametricデータを他の製品情報と組み合わせることで、完全な追跡、分析、予測が可能
  • MCAD、ECAD、ERPシステムにわたって共通のプラットフォームを提供することで、ユーザーのトレーニング期間の短縮と受け入れ易さを実現
  • 全社的な変更管理、サプライチェーン管理、新製品開発、市場投入などの重要なプロセスを一元管理

Functionality & Features

  • Creo Parametric設計ファイルをArasの単一リポジトリで管理
  • 追加のライセンス費用を支払うことなく、Creo Parametricの設計データを管理して全社的に共有
  • Creo Parametricのファミリーテーブルを使用して、Arasでの部品ファミリーを駆動
  • 複雑なCreo Parametricファイル構造を管理
  • Creo ParametricとArasの両方から検索とロードが可能。ArasからCreo Parametricのファイルをダイレクトに操作
  • ロック/アンロックによる予約機能
  • 構成管理と有効性によるCreo Parametricファイルのバージョン管理とリビジョン管理
  • プロパティの双方向交換。Creo ParametricとArasの両方で属性の入力と編集が可能
  • タイトル ブロック作成を自動化
  • Creo Parametricファイルテンプレート管理
  • 標準部品ファイル管理
  • Creo ParametricドキュメントをArasの詳細フォームで表示することが可能
  • 自動サムネイル作成
  • データ移行作業をサポートするバルクデータローダーを使用可能
  • 表示可能な自動バックグラウンド変換機能によるCreo ParametricファイルのArasへの変換
  • WIP(仕掛品)管理とリリース管理の両方をサポート
  • Creo Parametricファイルの添付による全社的な変更管理
  • Creo Parametric設計駆動による全社的BOMの自動作成。分野によるオーナーシップを明確化し、手動更新も可能

Arasコネクターは下記のパートナーから提供されています。

Focus PLM, ITI TranscenData, and xPLM.